ある意味怪奇現象

夕べ、寝ているときにまた変な体験しました。
昨日は金曜の夜から昼までエヴァ見てて、11時くらいに寝て夜の8時に起き、コンビニでご飯買ってきて食べてからまた夜の11時過ぎに寝たんですが、夢うつつの状態でうとうとし始めたころから体が貧血起こしたような奇妙な感覚に襲われまして。
なんか来るな、と思ったら案の定頭の中で血液の流れる音が大反響し始めました。耳をふさいだときに聞こえるようなドクドク言ってる音にノイズが混ざったようなじゃりじゃりした音が少しずつ大きくなっていって、しまいには速度も上がっていきました。
じゃこーじゃこーじゃこーじゃこじゃこじゃこじゃこじゃじゃじゃじゃじゃって感じです。
きっと凄く分かりづらいと思いますが。
最後の方はこんな速さで心臓動いてたら死ぬんじゃないのって音だったので、夢も混ざってたか血液の流れる音じゃなかったのかもしれません。
その音が響いてる間中、体(とくに手足)が痺れるわ動くことも出来ないわで結構大変でした。それを何度か繰り返して治まったときに飛び起きてしばらく休憩、体温が上がって汗かいたので窓を開けてもう一度布団に入りました。
窓を開けて外の音が聞こえるようになったおかげかあの変な雑音は外の音に負けて聞こえなくなりました。聞こえなくなったというより、大きくならなくなったという感じ?
これからは無音の場所で寝たくないです。夢うつつで意識はあるので結構怖いです、あれ。
で、ようやく雑音が消えてくれたと思って寝たら今度は夢の中で呼吸が出来なくなって夜中(時計見たら1時でした)に目が覚めました。目が覚めたらなんか苦しい。寝る前まではなんとも無かったのに、起きたら心臓とも胃ともいえない所がやたら苦しくて寝そうになるたびに呼吸が浅くなっては目が覚めての繰り返し。
これも夢うつつ、意識はありながら夢を見てたので寝るに寝れなかったです。
さすがにそれはないだろ、と思いつつ、真夜中に眠れそうになるたびに呼吸困難になって苦しんでる夢を見ると朝になったら死んでるんじゃないの?って気にもなりまして。
真っ暗だから変な考えが浮かぶんだろうと、電気をつけて布団にもぐり再び呼吸が浅くなって目が覚め、呼吸が浅くなって目が覚めを繰り返して気がついたら寝てました。
確か最後に時計見た時は3時過ぎてたと思います。
朝起きたらどこも苦しくなくて呼吸も普通に出来ました。まっさきに死なずにすんだと思いました(笑)

胃の辺りが苦しかったのは、ろくに働いてない体でコロッケと焼きそば食べたせいだと思うんで自業自得なんですが、あの雑音が原因不明です。
前にも体験したことがあるんですが、そのときより酷かったですし。勘弁してくださいorz

あれ、もしかしてこの体験前にも書いたかな?

"ある意味怪奇現象" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント