できたどおぉぉぉ


束帯完成しました~!


これが十琴に作ってもらった水干。貴族の子供用の装束。金色の布の衣装がそうなんですが、ホントは胴体と袖のところに菊綴じという飾りがあるんですがそれは省略。あと、首のところで水干を留める為の紐も教え忘れて十琴が作れなかったので待針で留めてあります(笑


これは去年作った狩衣、画像も去年のもの。貴族のジャージみたいなもんです。水干と同じつくりで違ってるのは菊綴が無いのと上着の下に垂れてる部分を袴の中に入れるか入れないかくらいです。
あと、↑と↓の水干と狩衣、袖のところに本当なら袖括りの緒っていう紐がついてて巾着みたいに締めれるようになってるんですがまあ、省略(笑

先っぽが行方不明になった糸巻きはばらして可能な限り糸を解いてからさよならしました。勿体無いのは重々承知です(・ω・`)
昨日の夜からまた裁縫作業に取り掛かり今日完成。今日始めてニコ動で作業用BGMを聴きながら作業してみました。カラヤンつながりでクラシックを色々巡ってたんですが、こういう場合は雅楽流してたほうが良かったんじゃないかと今更気付いた始末です。
東儀さんで検索してみるべきだったか…!
クラシックにはまだ全然明るくないですが、指揮者だけはカラヤンが良いなぁって思ってます。ワルキューレの騎行とかだったん人の踊りとか怒りの日とかクラシックでも激しい系統の曲が好きな人間なんでカラヤンの指揮はたまらんです。
静かなのだと亡き王女のためのバヴァーヌかなあ。

"できたどおぉぉぉ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント