俳句作り

文芸同好会が設立できそうな感じになってきました~。・゚・(ノ∀`)・゚・。

11月に入って1・2年生が数人入ってくれて、生徒会の規定人数に達したおかげです。
ありがたや

最近ではだいぶ余裕も出てきたので、文芸同好会らしく創作活動をしようということでただいま皆で俳句を作っております。

私が作ったやつ
・十二月 日照時間 三時間
・三キロの 散歩じゃ足らず 雪遊び
・露天風呂 カブトムシが 溺れてる

全部実話です。
うちの近所に冬になると10時ごろ日が射して、13時には日が翳ってしまう地区があるのです。
・・・切ない。
そして我が家の犬は三キロ近く散歩してやってんのに帰ってきてからも庭ではしゃぎまくり、昔露天風呂で泳いでいたら溺れて死んでたカブトムシを見つけたことがあります。

そして司書さんが一個目の俳句にすごい受けてくれました\(゚∀゚\)



そして久しぶりのイラスト~
《クリックで画像拡大します》
画像
おみ足がすんげぇキワドイ姉ちゃん(笑)
今年の夏に書いた「蛟の巫女」という小説に登場するキャラです。顔と腕の気持ち悪いヤツはウロコのつもりなんですが、そう見えれば幸いです。

家にあった『とかげ』という漫画の表紙を参考にポーズをラフして学校で描いた絵です( ;゚∀゚)

とかげ 
もしやばいようならイラスト削除します。

"俳句作り" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント