虹の花

田んぼのあぜ道に、アヤメが咲きました。
「虹の花」の異名は本当はジャーマンアイリスのものなんですよね。この花につかったら駄目なんでしょうか。
個人的には、使いたくてしょうがないんですけど。

アヤメは、蛇の隠語でもあるんです。(後冷泉天皇のころに、若い女性の間でちょこっとだけ流行してすぐ死語になりましたが)
蛇を、アヤメがつぼみの状態で伸びた茎に見立てたんだとか。たとえすぐに廃れた流行だとしても、この感性が素敵です。

で、

蛇といったらやっぱり虹でしょう!!
虹は古代中国で「天を貫く蛇」なんていわれていたくらいなんですし。虹の虫は蛇、エは貫くという意味があるそうです。

ギリシャ神話に平安朝に古代中国と節操なさすぎですが、やっぱり
アヤメ=虹の花
これ使いたいよ~。…使っちゃ駄目ですか?(聴くな)

画像

"虹の花" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント