古書店に憧れます。

私の地元には古書店がないので、一度は行ってみたいと思っています。(理想は京極堂(笑))
でも名古屋くらいまで行かないとないんだろうな・・・。
今欲しい本は、文化祭の文集に載せる小説の資料にしたい本なのですが、古書検索しても8,000円て・・・。

三才図会も、山海経も、その小説の資料として買ったものだからなぁ。
これだけ金つぎ込んで考えてる物語なんだから、一連のストーリーを何らかの形で発表したいなぁ。何のために買ったんだよ、ってことになっちゃうし。
時間がかかっても、こつこつ書き溜めて、ネット上でも良いから公表できるようにしたいな。

画像

イラストは仲良くして下さっている養護の先生に差し上げたものを少し加工した物です。
千代紙に頼らずに、着物の柄を描けるようになりたいです。

"古書店に憧れます。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント