みどりの黒髪

今日は球技大会でした。
三年生は自作のTシャツを着て試合に臨んでいたのですが、中に頭を編みこんでいたり茶色くしている人がちらほらと。ウチのクラスで、ピンクのエクステを付けてきてる子もいました。(もちろん担任様に外しなさいとお叱りを受けていましたが)

なんであんなことするのかなぁ。

せっかくの黒髪なのに、もったいない。
日本人の髪は烏の濡れ羽のようなとか、みどりの黒髪と形容されるくらいきれいな黒をしているので、染めている人を見るともったいなく思えて仕方ないです。
このみどりの黒髪の“みどり”は、色の緑ではなく生命力を意味しています。
みどりはそもそも、色ではなく新芽や若い枝などさしており、瑞々しいものという意味があったそうです。
緑色は古来から生命力の象徴とされており(ヒスイなど)、髪は成長が早くすぐに伸びるのでそこから若く瑞々しい女性の髪を緑の黒髪というようになったんだそうです。

与謝野晶子も、その子はたち~という歌を読んでいますよね。

せっかくの黒髪を染めるなんてもったいない!!
そもそも似合ってないし…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年06月06日 22:12
いいですよねー、黒髪。ちなみに井沢は男子のワックスを使ったつんつん髪も好きじゃありません。黒のさらっとしたストレートが好き。軽いふわっとしそうなぐらい細い髪がうらやましい。

最近では茶髪が増えすぎてむしろ黒髪のほうが人気あるらしいですよー。その調子で男性こそ、深い漆黒の髪を目指してほしいです。最近は地でも茶色い人が多いからねー。
七瀬
2007年06月07日 18:02
いいですよねぇ、くろかみ。
つんつん頭は私も微妙ですね。くせっ毛は許せます。
さらっとした柔らかそうな黒髪に憧れますね。私はなぜか真っ黒じゃなくて茶色っぽい髪の色をしてるから余計に。(今日なんて、赤やら金やら白やらに脱色した髪がわんさか出てきたもの)

最近の子供は、母親が髪を染めてるせいで生まれつき茶色っぽい髪の子が生まれてきちゃうらしいよ。髪を染めるやつに、相当有害な物質が含まれていて、それが胎児の体に影響するんだって。怖いね。

この記事へのトラックバック

  • 文化祭一日目終了

    Excerpt: 今日は文化祭の一日目でした。まだ明日があります。 あるってのに、今日だけでものすごく疲れました。ハンパ無く眠いです。 Weblog: 玉響の。 racked: 2007-09-03 20:33