虹の花

田んぼのあぜ道に、アヤメが咲きました。
「虹の花」の異名は本当はジャーマンアイリスのものなんですよね。この花につかったら駄目なんでしょうか。
個人的には、使いたくてしょうがないんですけど。

アヤメは、蛇の隠語でもあるんです。(後冷泉天皇のころに、若い女性の間でちょこっとだけ流行してすぐ死語になりましたが)
蛇を、アヤメがつぼみの状態で伸びた茎に見立てたんだとか。たとえすぐに廃れた流行だとしても、この感性が素敵です。

で、

蛇といったらやっぱり虹でしょう!!
虹は古代中国で「天を貫く蛇」なんていわれていたくらいなんですし。虹の虫は蛇、エは貫くという意味があるそうです。

ギリシャ神話に平安朝に古代中国と節操なさすぎですが、やっぱり
アヤメ=虹の花
これ使いたいよ~。…使っちゃ駄目ですか?(聴くな)

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年06月02日 20:35
駄目です。
と、誰も言ってくれなさそうなので言っておきましょう。

それにしても相変わらず物知りだねー。話の内容すべてを知らなかった井沢です。
同じアイリスなだけに惜しい気もするんですが、多分駄目なんでしょう。詳しい人に言わせたらお化けと幽霊ぐらいの差があるのかもしれません。詳しくないので知らないけれど。
七瀬
2007年06月02日 22:10
やっぱり駄目なのかなぁ。
蛇の隠語ってのは、広辞苑でアヤメとカキツバタの違いを調べてるときに発見しました~。広辞苑って偉大だ…。私の知識の4割は広辞苑から来てるよ。
虹の花ってのは花の図鑑で、天を貫く蛇ってのは色の名前の本で知りました。いろいろな種類の本を読むのって大切だね。思いもよらない知識を得られますから。

お化けと幽霊の差は、広辞苑で引いてみたら
お化け:化け物、妖怪、得体の知れないもの
幽霊:死んだ人の魂、死者が成仏せずにこの世に姿を現したもの
ぜんぜん違いました。
普段似たような意味で使ってるからここまで違うのかとちょっとびっくり。

あ、妖怪については京極夏彦の京極堂シリーズ読んでごらん!!
目から鱗だよ。
2007年06月03日 10:07
七海さん お早う御座います
こちらのサイト素晴らしいです。
私のような凡人には勉強になります。
今後とも宜しくお願いいたします
七瀬
2007年06月03日 21:43
chiharuさんこんばんわ。
足を運んでくださって有難うございます。
素晴らしいだなんて恐縮です。
こちらこそ、よろしくお願いします。
コメント有難うございました。

この記事へのトラックバック